函館市 多重債務 弁護士 司法書士

函館市に住んでいる人が借金返済の悩み相談をするならどこがいいの?

借金の利子が高い

函館市で借金・債務などお金の悩みを相談する場合、どこがいいのか迷っていませんか?
どうせ相談するなら、優秀な弁護士・司法書士がいる法律事務所・法務事務所を選びたいですよね。
当サイトでは、ネットで無料相談ができる、お勧めの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
もちろん函館市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料でできるので安心できます。
直接相談をいきなりするのはちょっと気後れする、という方にもおすすめです。
債務・借金返済の問題で困ってるなら、まず司法書士・弁護士に相談して、最善策を探してみませんか?

多重債務・借金の相談を函館市在住の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

函館市の債務や借金返済問題の相談なら、ここがオススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いもOKです。
相談料ももちろん無料!
借金取り立てのSTOPもできます。
任意整理、個人再生、過払い金、自己破産、など、債務に関して相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や過払いの悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに合ったやり方で借金問題を解決します。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性の方も安心です。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

函館市に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネット上の借金の診断ツールです。
とても簡単な質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも、匿名&無料で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、函館市に住んでいる人も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で使える!
  • 全国対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



函館市近くの他の司法書士・弁護士の事務所紹介

函館市には他にも弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてください。


●くにや司法書士法人本店
北海道函館市堀川町6-15
0138-30-4008
http://kuniya.biz

●佐藤武俊司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-26-4051

●菅原法律事務所
北海道函館市新川町23-1
0138-22-3210

●酒井博司法書士事務所
北海道函館市新川町27-13
0138-27-0703

●兼平法律事務所
北海道函館市中島町23-16
0138-84-8325
http://kanehiralaw.com

●岩崎順造司法書士事務所
北海道函館市堀川町3-8
0138-86-7070
http://jun-iwasaki.com

●川原京子司法書士事務所
北海道函館市新川町24-10 三光マンション 1F
0138-22-5544

●河野法律事務所
北海道函館市大手町5-10
0138-27-8010

●司法書士山本直樹事務所
北海道函館市新川町24-11
0138-23-1399
http://yamamoto-siho.jp

●函館弁護士会
北海道函館市上新川町1-3 函館弁護士会館 1F
0138-41-0232
http://plala.or.jp

●島野潤一事務所
北海道函館市千歳町27-8
0138-22-5915

●函館司法書士会
北海道函館市千歳町21-13 桐朋会館 3F
0138-27-0726
http://h-shiho.com

●五稜郭法律事務所
北海道函館市梁川町6-6
0138-33-1551
http://ab.auone-net.jp

●山崎法律事務所
北海道函館市時任町2-10
0138-51-1100

●寒川功一司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-27-1955

●小林法律事務所
北海道函館市大手町7-11
0138-22-1516

●嶋田法律事務所
北海道函館市新川町18-12
0138-23-4834

●室田法律事務所
北海道函館市海岸町10-13
0138-43-4178

●高橋義隆司法書士事務所
北海道函館市新川町12-13
0138-22-9005

●植松法律事務所
北海道函館市若松町28-10
0138-21-1005

函館市にある地元の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

函館市に住んでいて多重債務や借金の返済に困っている状態

クレジットカード会社や消費者金融等からの借金で困っている人は、きっと高額な金利に悩んでいるでしょう。
借金をしたのは自分です、自己責任だからしょうがないでしょう。
しかし、複数のクレジットカード会社やキャッシング会社からお金を借りていると、額が大きくなり、とてもじゃないけど完済できなくなってしまいます。
月々の返済だと金利しか返済できていない、というような状態の人もいると思います。
ここまで来ると、自分だけの力で借金を返済するのはほぼ無理と言っていいでしょう。
債務整理をするために、弁護士や司法書士に相談すべきです。
どうすれば今の借金を清算できるか、借りたお金を減額することができるのか、過払い金はあるか、など、司法書士・弁護士の知恵・知識を貸してもらいましょう。
お金・借金の問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

函館市/債務整理のデメリットって?|多重債務

債務整理にもいろいろな手口があり、任意で消費者金融と話しあう任意整理と、裁判所を通す法的整理の自己破産若しくは個人再生と、ジャンルがあります。
じゃあこれらの手続きについてどの様な債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これ等3つの進め方に共通して言える債務整理の欠点と言うのは、信用情報にそれ等の手続を進めた事が記載されてしまう事ですね。言うなればブラック・リストというような情況です。
すると、おおむね五年〜七年ぐらいは、ローンカードがつくれなかったり借入が出来なくなるのです。だけど、あなたは返済金に日々苦しんだ末これ等の手続を実施する訳だから、もうちょっとは借金しない方が良いのではないでしょうか。じゃローンカードに依存し過ぎる方は、逆に言えば借金が出来ない状態なる事により出来ない状態になる事によって救われるのではないかと思われます。
次に自己破産または個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続きをやった事実が掲載されるという点が挙げられるでしょう。だけど、あなたは官報等ご覧になった事が有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんな物」といった方のほうが多数じゃないでしょうか。
実は、官報は国が作成する新聞の様なものですけれど、金融業者等の極一定の方しか見てないのです。ですから、「破産の実態が御近所の方々に広まった」等といったことはまずもってないでしょう。
終わりに、破産独特の債務整理の欠点ですが、1遍自己破産すると7年間は2度と破産出来ません。これは十分配慮して、2度と自己破産しなくてもすむように心がけましょう。

函館市|個人再生の手続きは、弁護士がいい?司法書士がいい?/多重債務

個人再生を進めるときには、司法書士と弁護士に相談をすることが可能です。
まず、司法書士に個人再生の手続を頼む時は、書類作成代理人として手続きを代わりに実施していただくことが可能です。
手続きをやる時には、専門的な書類を作成して裁判所に出すことになるのですけれども、この手続を任せる事が可能ですので、複雑な手続を実行する必要が無いのです。
とはいえ、司法書士の場合、手続きの代行業務はできるのですけど、代理人じゃ無いから裁判所に出向いた時に本人に代わって裁判官に受け答えをする事が出来ません。
手続きをおこなっていく中で、裁判官からの質問をなげ掛けられた場合、自分で回答しなきゃならないのです。
一方、弁護士の場合では、書類の代行手続だけではなくて、裁判所に出向いた時には本人にかわり受答えをしてもらう事が可能なのです。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続きに精通してる状態になるから、質問にもスムーズに受け答えをすることが出来るので手続が順調に進められるようになります。
司法書士でも手続きを実施する事は可能なのですが、個人再生に関して面倒を感じることなく手続きを進めたい場合には、弁護士に頼む方がほっとすることができるでしょう。

関連するページ