ホーム>青春の会>伝播ルート>記念碑

「青春の詩」の伝播ルート表

1922年(大正11年)

「青春」 サミュエル・ウルマン(1840〜1924)
80歳の誕生日祝いに、詩集「80年の歳月の頂から」 を1922年に自費出版。

1941年(昭和16年)頃

マッカーサー、ジョン・W・ルイスより「青春の詩」を贈られて、座右の銘とする。

1945年12月(昭和20年)

マッカーサーの愛誦の詩として、リーダーズ・ダイジェスト英語版に掲載される。

1945年12月(昭和20年)

岡田義夫、リーダーズ・ダイジェスト英語版より翻訳、自室の壁 に貼る。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

森平三郎、その壁の詩を見て感動し、それを書き写し、詩の由来も聞く。

1958年9月16日(昭和33年)

森平三郎、東毛毎夕新聞のコラム「雑草苑」に「青春の詩」を紹介。

松尾稀勝(桐生高工の教え子、ソニー電子社長)

木本陽三(桐生高エの同窓生、サンヨー電器販売社長)

力貞幸(凸版商事社長)

1965年2〜3月(昭和40年)

宮澤次郎(凸版印刷常務トッパン・ムーア社長/会長) 原作者・翻訳者を情熱的に追求。

原作者名は原文を入手して判明。

昭和60年2月9日、岡田義夫翻訳を確認。
約一万人の方々に「青春の詩」を配布、感動を伝える。

1985年7月3日(昭和60年)

青春の会発足

1987年9月22日(昭和62年)

宇野経連会長らか、ウルマンの孫二人を招いて、東京で「青春の集い」を開催。

1994年(平成6年)

アラバマ・バーミンガム市においてウルマン記念会館完成

1999年7月3日(平成11年)

宮澤会長逝去

2000年3月31日(平成12年)

青春の会解散

2003年10月18日(平成15年)

新青春の会発足