ホーム>新青春の会>新青春の会は>会則

新青春の会は

  サミュエル・ウルマン(1840〜1924)の青春の詩は、戦後日本に進駐していた連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥が愛誦していたことから、日本に広められ、岡田義夫氏(1891〜1968)の名訳により格調の高い日本語の詩として、多くの日本人の魂を揺さぶり、感動を与え続けました。なかでも、故宮澤次郎氏(当時トッパン・ムーア株式会社社長)は、この詩から得た感動を1万人の方々に分かち与え、自らが先頭に立ってイラスト「青春の会」を組織し、詩の普及に努めました。彗星の如く誕生した「青春の会」は、平成12年宮澤氏の逝去とともに惜しくも幕を閉じましたが、その後もこの詩を愛誦する人々の輪は立ち消えることはありませんでした。
 やがて時は流れ、宮澤氏の逝去から4年後の平成15年10月、この詩の感動を多くの人達に伝えたい、この詩から人生に希望と勇気を学び取っていただきたいという切々たる願いを持つ人々の間から、再度、新たに青春の会を作り上げようという機運が盛り上がり、ついに「新青春の会」が誕生いたしました。

 これからの高齢社会をたくましく生きるには、この詩の中に散りばめられたみずみずしい青春の心こそ生きる糧となることを私達は確信しております。また、心の持ち方一つで生涯青春という素晴らしい人生の幸福を築くことが出来るでしょう。

 青春の詩は、いまや私達にとって貴重な座右の銘であり、この詩の心を一人でも多くの方々と共鳴し合い、心豊かな、楽しい仲間作りをしながら、前向きに明るい人生をご一緒に歩みませんか。

ページトップへ戻る

世話人

渡辺 弥栄司

グリーンヒル法律特許事務所代表 、(社)ビューティフル エージング゙協会会長、 元通産省通商局長
大正6年、新潟県生まれ、昭和14年東大法卒、商工省入省(現経済産業省)。41年、岡崎嘉平太氏とともに日中国交正常化 に向けての活動退官。57年、65歳で司法試験に合格、グリーンヒル法律特許事務所設立。61年、TOEICを実施運営する財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会を設立し、平成9年同協会会 に就任。87歳の現在、125歳まで生きるという目標に向かって、仕事健康管理、ゴルフなど、ますます精力的に活動続ける。

 

辻 信太郎

(株)サンリオ代表取締役社長
昭和2年山梨県生まれ、22年桐生工業専門学校(現群馬大学)化学工業学科卒、24年山梨県庁入庁、35年山梨県庁退職、株式会社山梨シルクセンター(現株式会社サンリオ)設立、代表取締役社長  就任、平成3年サンリオピューロランド代表取締役社長就任
著書多数

 

竹内 宏

経済評論家
昭和5年清水市生まれ、29年東大経済学部卒、同年日本長期信用銀行入行、31年調査部、35年〜38年日本原子力産業会議出向、48年調査部長、54年取締役調査部長、58年常務取締役調査部長、63年専務取締役調査部長、平成元年日本長期信用銀行退職、長銀総合研究所理事長、10年長銀総合研究所退職、同年竹内経済工房設立
その間、東京大学・学習院大学・武蔵大学・法政大学等の講師を兼任
NHKの「ビジネスネットワーク」「1億人の経済」「ビジネスサテライト」のキャスターをつとめる。
現在、竹内経済工房主宰、静岡総合研究機構理事長、静岡文化芸術大学 国際文化科教授、静岡新聞論説委員、日本衛星放送番組審議会委員長、静岡アジア太平洋学術フォーラム組織委員会委員長
著書多数

事務局

山本 佳子 新青春の会事務局長
塩地 薫 元(社)日本衛生検査所協会専務
秋葉 謙勇 日商印刷(株)社長
大久保 嘉英 (株)AMG代表取締役社長
吉坂 克彦 (株)ハイテク ジャパン会長

ページトップへ戻る