ホーム>新青春の会>新青春の会は>会則

会 則

(名称)
第1条 本会は「新青春の会」と称する。
(事務局)
第2条 本会は、事務局を東京都練馬区貫井3−12−1−303に置く。
     (事務局の電話・FAX番号03−3999−3557)
(目的)
第3条 本会は、次の事項を目的とする。
  1. 「青春の詩」に学び、自己啓発に努めると共に、会員相互の親睦を図る。
  2.    
  3. 詩文をさらに普及し、若々しい創造性豊かな社会形成に貢献する。
(事業)
第4条 本会は、前項の目的達成のため、次の事業を行う。
  1. 親睦会の開催。
  2.    
  3. 会報の発刊、会員名簿の作成。
  4.    
  5. 「青春の詩」に関する資料の印刷、制作頒布。
  6.    
  7. その他、本会の目的達成に必要な事業。
(会員)
第5条 本会の会員は次の二種類とする。
  1. 普通会員(個人)とは、本会の目的に賛同し、普通会費を納入する個人を言う。
  2.    
  3. 賛助会員(個人または法人・団体)とは、本会の趣旨に賛同し、賛助会費を納入する
    個人または法人・団体を言う。
(年会費)
第6条 本会の会員は次の通り入会金および会費を納入する。(入会金なし)
  1. 普通会員は、毎年度普通会費5千円とする。
  2.    
  3. 賛助会員は、毎年度賛助会費、個人1万円(一口)、法人・団体3万円(一口)とする。
(役員)
第7条 本会に次の役員を置く。
会長、顧問、世話人、監事。
  1. 会長は、会を代表して、会の業務遂行の任にあたる。
  2.    
  3. 顧問は、会の業務遂行について会長を補佐する。
  4.    
  5. 世話人は、会の業務遂行の任にあたる
  6. 監事は、会の会計状況及び業務の執行状況について監査する。
(会計)
第8条 本会の会計は、普通会員及び賛助会員の拠出する年会費、寄付金などを収入源とし、
本会の運営費に充当する。
(会計年度)
第9条 本会の会計年度は、毎年4月1日から始まり、翌年の3月31日に終わる。
(事業報告)
第10条 会長は毎年3月31日現在で、次の事項を含む事業報告書を作成し、監事の監査を得た後、 世話人に報告し、了承を得るものとする。
  1. 事業の状況
  2.    
  3. 収支決算書
付則
   
この会則は、平成15年4月1日から実施する。