ホーム>青春の詩>青春の翻訳詩>辻 信太郎氏>新井 満氏

どんな人が愛好してるの?

辻 信太郎氏写真

株式会社サンリオ 代表取締役社長

辻 信太郎氏

青 春

青春とは人生のある期間を指すのではなく、精神の在り方を指すのです。

優れた創造力、たくましい意志、燃えるような情熱、臆病な弱い心を打ち破る勇気、

困難に負けない冒険、このような心の在り方を青春と言うのです。

人は年齢を積み重ねるだけで老いるのではなく、生きてゆく希望を失った時、初めて老いるのです。

年月は皮膚にしわを増すが、生きる情熱を無くすと、その人の心にしわが増えるのです。

人は、七十歳であろうと、十六歳であろうと、心に変化を求め続け、万物への尊敬の念を抱き、

決してへこたれず、子供のような探求心と生きる喜びを持ち続ければ、その人は青年です。

人は信念を持つことによって若々しく、疑念を抱き続けると老いてしまう

人は自信を持つことによって若々しく、臆病に生きることによって老いてしまう

希望を持つ限り若々しく、落胆して生きることによって老いてしまう

自然の美しさ、神々の恵み、人間の勇気の力を偉大なものと考える限り、

人の若さは失われることはありません。

悲しみが心を覆い、深い憎しみに心を固く閉ざしてしまった時に人は老い、

やがて神にすがるしかなくなってしまうのです。

※ この詩は、サミュエル・ウルマンの原詩を岡田義夫氏が和訳したものを、辻氏が更に分かり易く訳し直したものです。