足立区 多重債務 弁護士 司法書士

足立区在住の方が借金や債務の相談をするなら?

借金返済の相談

自分1人だけではどうしようもないのが、借金返済・債務の問題です。
金額がどんどん多くなってしまい、金利を払うのがやっと。
借金返済に関しては、一人で悩んでいても解決するのは難しいでしょう。
足立区にお住まいの人も、まずはネットの無料相談で、司法書士・弁護士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるかもしれません。
もちろん、足立区にも対応している法律事務所・法務事務所を紹介しています。
1人で悩まず、司法書士や弁護士に相談するのが、借金問題解決への第一歩です。

多重債務や借金の相談を足立区に住んでいる人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

足立区の債務・借金返済問題の相談なら、この事務所がお勧めです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払は、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金督促のSTOPもできます。
任意整理、過払い金、自己破産、個人再生、など、借金の悩みについて無料相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付することができるので、お金に困っている人も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、過払い・債務の悩みが相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに合った方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などを一切取らないため、お得に解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口もあるので、女性の人でも安心です。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

足立区に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる借金解決のための診断ツール。
カンタンな3つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月々の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にピッタリです。
しかも、無料で、匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、足立区に住んでいる人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



足立区近くにある他の司法書士や弁護士の事務所を紹介

足立区には他にもいくつかの法律事務所や法務事務所があります。参考にしてみてください。


●北千住法律相談センター
東京都足立区千住3丁目98-北千住マルイ
03-5284-5055
http://horitsu-sodan.jp

●北千住パブリック法律事務所
東京都足立区千住3丁目98_北千住マルイ
03-5284-2101
http://kp-law.jp

●司法書士法人エージェント商業(法人)登記相談室
東京都足立区千住2丁目54須川ビル4F
03-5813-8820
http://shihou-agent.com

●小松司法書士事務所
東京都足立区竹の塚5丁目14-10徳田ビル2階
03-3859-0606
http://shihou.tk

●こもれび総合法律事務所
東京都足立区梅島1丁目12-6高橋ビル2F
03-3849-0911
http://komorebi-bengo.com

●市毛司法書士事務所
東京都足立区綾瀬2丁目27-8MSKビル5F
03-3838-0181

●法律事務所リベロ/足立区北千住の弁護士
東京都足立区千住1丁目4-1東京芸術センター1208
03-6806-1761
http://law-libero.com

●司法書士法人・行政書士ふたば事務所
東京都足立区千住4丁目26-3
03-6273-1757
http://futaba-office.com

●橋本法律事務所
東京都足立区西新井栄町2丁目5-1岡田ビル3階
03-5845-5338
http://hashimoto-law.jp

●弁護士法人アディーレ法律事務所北千住支店
東京都足立区千住2丁目4カバツインタワービルイースト4F
0120-316-742
http://kitasenju.adire.jp

●クラオ・リーガル司法書士事務所
東京都足立区千住1丁目4-1東京芸術センター10階
0120-377-283
http://klao.jp

●細川司法書士事務所
東京都足立区中川5丁目4-8
03-6312-7095
http://ab.auone-net.jp

●尾崎司法書士事務所
東京都足立区西綾瀬3丁目21-9
03-3848-3183
http://ozaki-shihou.com

●小林司法書士事務所
東京都足立区青井3丁目3-21
03-6806-4690
http://officekobayashi.jp

●松本みち子司法書士事務所
東京都足立区栗原3丁目10-10サンクタス西新井2F
03-3889-3234

●西新井綜合法律事務所
東京都足立区西新井栄町1-18-1210
03-5845-5840
http://nishiarai-law.com

●千寿司法書士事務所
東京都足立区千住1丁目4-1東京芸術センタービル10階
03-5284-4077
http://saimuseiri.legal-kawamura.com

地元足立区の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

足立区で借金に参っている場合

借金があまりにも大きくなってしまうと、自分だけで返すのは難しい状況になってしまいます。
あっちでも借り、こっちでも借り、多重債務で借入金がどんどん膨らんでいくと、もう金利を払うのでさえ苦しい状態に…。
一人だけで返済しようと思っても、どうにもならないものはどうにもなりません。
親などに頼れればましですが、結婚をもうしていて、奥さんや旦那さんに知られたくない、なんて状況なら、なおのこと困ることでしょう。
そんな状況ならやはり、弁護士・司法書士に依頼するしかないのではないでしょうか。
借金を返済するための方法や計画をひねりだしてくれるはずです。
月々に返すお金を減らしてもらい、長期で返済したり、過払い金を返してもらって、返済金を減らしてもらったり、などです。
どうしようもない状態なら司法書士・弁護士に相談してみましょう。

足立区/債務整理のデメリットはどんなものか|多重債務

債務整理にも沢山の進め方があって、任意で業者と交渉する任意整理と、裁判所を通す法的整理である自己破産若しくは個人再生などのジャンルが在ります。
じゃあこれらの手続につきどういう債務整理デメリットがあるでしょうか。
これら三つに共通していえる債務整理のデメリットというのは、信用情報にそれら手続を進めた事が掲載されてしまう事ですね。いうなればブラックリストというふうな状況になるのです。
だとすると、ほぼ五年から七年程度は、カードがつくれずまたは借り入れができない状態になるのです。けれども、あなたは支払額に苦悩し続けこれらの手続を行うわけですから、もうしばらくは借入れしない方が良いのではないでしょうか。じゃローンカード依存にはまり込んでいる人は、むしろ借金が出来ない状態なる事でできなくなる事で助けられるのではないかと思います。
次に自己破産・個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続をした事実が記載されてしまうことが挙げられるでしょう。だけど、あなたは官報等ご覧になった事がありますか。むしろ、「官報とはどんな物」という方のほうが多数いるのではないでしょうか。
実際のところ、官報は国がつくるする新聞に似たようなものですが、クレジット会社等々のごく特定の方しか見てないのです。ですから、「破産の事実が近所の人々に広まった」などということはまずもってないでしょう。
終わりに、破産特有の債務整理の不利な点ですが、1回破産すると7年の間は再び自己破産は出来ません。そこは十分留意して、二度と破産しなくてもすむ様にしましょう。

足立区|借金の督促を無視するとどうなるか/多重債務

あなたがもし仮に貸金業者から借入して、返済の期日につい遅れてしまったとしましょう。その場合、まず絶対に近いうちに信販会社などの金融業者からなにかしら催促の連絡が掛かるでしょう。
督促のメールや電話をシカトする事は今では楽勝にできます。クレジット会社などの金融業者の番号だとわかれば出なければいいでしょう。そして、その催促のメールや電話をリストに入れ拒否する事も出来ますね。
しかし、そういった手口で一時しのぎに安堵しても、其の内に「返済しないと裁判をします」等と言った催促状が来たり、または裁判所から訴状又は支払督促が届くでしょう。そんな事になったら大変です。
従って、借入れの返済日についおくれてしまったらシカトしないで、真摯に対処する事が重要です。消費者金融などの金融業者も人の子です。ちょっとの期間遅延してでも借り入れを払戻す意思がある客には強硬なやり方を取ることはほとんど無いでしょう。
じゃあ、返したくても返せない場合はどう対処したらいいでしょうか。予想通りしょっちゅう掛かる要求のメールや電話をスルーするしかほかになにも無いだろうか。そんなことはないのです。
まず、借金が返金できなくなったならば即刻弁護士さんに依頼または相談することが大事です。弁護士が介在したその時点で、金融業者は法律上弁護士の方を介さず直にあなたに連絡を出来なくなってしまいます。クレジット会社などの金融業者からの借入金の催促のコールが止む、それだけで気持ちにとても余裕が出て来るんじゃないかと思います。又、詳細な債務整理の進め方につきしては、その弁護士と話し合いをして決めましょうね。

関連ページの紹介