鹿児島市 多重債務 弁護士 司法書士

鹿児島市在住の人がお金・借金の相談するならどこがいい?

お金や借金の悩み

多重債務の悩み、借金の問題。
お金・借金の悩みは、自分ひとりでは解決が難しい、大きな問題です。
ですが、司法書士や弁護士などに相談するのも、少し不安な気持ちになる、という方も多いでしょう。
当サイトでは鹿児島市で債務・借金のことを相談するのに、オススメの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
インターネットを使って相談することが出来るので、初めての相談という方も安心です。
また、鹿児島市にある他の法務事務所や法律事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。

借金・多重債務の相談を鹿児島市に住んでいる人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

鹿児島市の多重債務や借金返済の悩み相談なら、コチラがおススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
代金の支払は、分割払いもOKです。
相談料金ももちろん0円!
借金督促のストップもできます。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、債務・借金について無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付することができるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、過払い・債務の問題を相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに合った方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から支払を清算できます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないため、お得に解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので鹿児島市の人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



鹿児島市周辺にある他の弁護士・司法書士の事務所を紹介

他にも鹿児島市には複数の司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●藤原司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市自由ヶ丘2丁目23-2 松元ビルB-204
0120-996-168
http://fujiwarahoumu.lolipop.jp

●アーバンリバティス法律税務事務所(弁護士法人)
鹿児島県鹿児島市小川町13-12
099-225-6306
http://urban-law.gr.jp

●大脇総合法律事務所
鹿児島県鹿児島市名山町1-3
099-226-7712
http://o-law.jp

●かぜのおか司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市吉野町3221-1
099-213-9655
http://kazenooka-saimu.com

●早川法律事務所
鹿児島県鹿屋市打馬2丁目2-27
0994-45-6000
http://hayakawahouritsu.jp

●神前司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市上之園町24-4 不動産会館3階
0120-313-092
http://saimuseiri-kamimae.com

●古手川総合法律事務所
鹿児島県鹿児島市金生町1-1 アルボーレ鹿児島6階
099-822-0764
http://kotegawa-law.com

●直井司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市宇宿3丁目15-18
099-251-7166

●みなみ総合法律事務所(弁護士法人)
鹿児島県鹿児島市山下町9-1 チャイムズビル5階
099-248-9417
http://bengoshi-saimuseiri.com

●向総合法律事務所
鹿児島県鹿児島市祇園之洲町53-1 ひまわりビル
099-247-3531
http://mukailaw.com

●坂元・黒沢法律事務所
鹿児島県鹿児島市易居町1-34 リミビル 4F
099-219-1212
http://sk-lawyers.jp

●池田法律事務所
鹿児島県鹿児島市照国町13-41
099-226-0100
http://terukuni-lawyers.jp

●西田橋司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市西田1丁目13-4 田口ビル 2F
099-298-1141
http://nishidabashi.com

●東條法律事務所
鹿児島県鹿児島市山下町12-5 藤崎ビル 3F
099-219-9901

地元鹿児島市の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

鹿児島市に住んでいて借金返済や多重債務に悩んでいる方

色んな金融業者や人からお金を借りた状態を、多重債務といいます。
あっちからもこっちからもお金を借りて、借入れ金額も返済先も増えた状況です。
消費者金融で限度額まで借りたので、今度は別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードをたくさん作ったり。
多重債務の状況にまでなってしまったなら、だいたいはもう借金の返済が困難な状況になっています。
もう、どうあがいても借金を返済できない、という状態です。
さらに高い金利。
どうしようもない、手詰まりだ、と思ったら、法律事務所・法務事務所に相談するのが一番です。
弁護士や司法書士に相談し、今の自分の状況を説明し、解決するための方法を提示してもらうのです。
お金・借金の問題は、弁護士・司法書士知識・知恵を頼るのが得策でしょう。

鹿児島市/借金の減額請求って、なに?|多重債務

多重債務などで、借入れの返済が困難な状態になった場合に効果的な方法の1つが、任意整理です。
現在の借金の状況を再度把握し、以前に利息の支払すぎなどがあったら、それらを請求する、または現在の借入れと差し引きして、さらに現在の借入についてこれからの利息を縮減していただけるように要望する方法です。
ただ、借入れしていた元本に関しては、確実に返済をしていくことが土台であって、利息が少なくなった分、過去よりも短期間での返金がベースとなります。
ただ、利息を支払わなくてよい分、月毎の払い戻し額は減額されるでしょうから、負担は軽減する事が一般的です。
只、借入をしている金融業者がこのこれから先の利子に関する減額請求に応じてくれなきゃ、任意整理はきっと出来ないでしょう。
弁護士の方等その分野に詳しい人にお願いすれば、絶対減額請求ができるだろうと考える人も多数いるかもしれないが、対応は業者によってさまざまであり、対応しない業者も在るのです。
ただ、減額請求に対応してない業者は物凄く少ないのです。
ですから、現に任意整理を実施して、消費者金融などの金融業者に減額請求をやると言うことで、借り入れのプレッシャーが随分軽くなるという方は少なくないでしょう。
実際に任意整理が出来るのだろうか、どのくらい、借り入れの払戻しが軽くなるかなどは、まず弁護士などその分野に詳しい人に

鹿児島市|自己破産のリスクってどんなもの?/多重債務

はっきし言って世間一般で言われている程自己破産のリスクはそんなに多くないです。マイホーム・高価な車・土地など高価格なものは処分されるのですが、生きる中で必ず要るものは処分されないです。
又20万円以下の貯蓄も持っていて問題ないのです。それと当面の数ケ月分の生活に必要な費用一〇〇万未満ならば持っていかれる事はないのです。
官報に破産者のリストとして載るがこれもごく特定の人しか見ないです。
また言うなればブラックリストに記載されて7年間の間はローンやキャッシングが使用できない状況となるでしょうが、これはしようがない事でしょう。
あと一定の職種に就職出来ないと言うことが有ります。しかしながらこれも極限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返済する事が出来ない借金を抱え込んでるのならば自己破産を実施すると言うのも一つの手段でしょう。自己破産を実行したならば今日までの借金がなくなり、新規に人生を始めるという事で利点の方が多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として弁護士、公認会計士、司法書士、税理士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし後見人や遺言執行者や保証人にもなれません。又会社の取締役等にもなれないです。けれどもこれらのリスクはおよそ関係がないときが多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きな物じゃないはずです。

関連するページの紹介